本文へ移動

新着情報

富山で協議会と連携して事故防止講習を実施しました
2015-06-24
カテゴリ:講習会
6月24日、富山中央警察署において、富山中央運転代行協議会総会が開催されました。その場をお借りして、運転代行事業主を対象とした事故防止講習を実施しました。
運転代行発祥の地と言われる富山で、運転代行のイメージアップと利用者保護の観点から、事故防止講習を行いたい旨、富山県警察本部へご相談にうかがい、交通企画課の運転代行ご担当の提案と富山中央署のご厚意で、今回協議会との連携が実現しました。
協議会の大田会長(運転代行スマイル)には、ジェイ・ディ共済の考え方や活動、取り組みなどを事前にお伝えし、綿密な打ち合わせを行ったうえ、快く講習の時間をお取りいただきました。
当日は、当共済が事故防止講習を行うということもあって、富山中央警察署だけで4名の交通課担当官が出席されました。
大田会長挨拶
岡山交通官挨拶
午後2時から開催された協議会総会では、富山中央警察署の岡山交通官からご挨拶があり、飲酒運転撲滅のための大切な受け皿である運転代行業に対する会員への謝意とともに、そのためにも運転代行の普及促進が必要であり、協議会の活動に対する期待が大きいとの言葉がありました。
大田会長の挨拶の中でも、当共済の事故防止講習について、飲酒運転根絶啓発活動と共に、利用者保護のためにも事故防止対策は大切なことであり、会員にとってありがたいとの言葉をいただきました。
講習に備えるJDスタッフ「飲酒運転のない未来をこどもたちへ」
真剣に聞き入る受講者
総会に引き続き、当共済の事故防止DVD、パワーポイント資料などを活用し、約一時間に渡って講習を行いました。
配布資料をじっくり読まれる新庄課長代理
講習会は、協議会会員のほか富山市近郊の全ての事業者に案内をお送りし、会員とほぼ同数の参加がありました。このことからも、富山の運転代行事業者の事故防止に対する意識の高さがうかがえます。
参加者にお願いした受講後アンケートでは、ほぼ全員の方からドライバー(従事者)向け講習の要望が出され、講習内容が事故防止に即効性があることをご理解いただけたものと感じました。
資料を開く受講者
終了後、岡山交通官、大田会長からそれぞれ、運転代行に特化した事故を無くすための具体的な内容について、お褒めの言葉とともに、第2回講習会開催の必要性をお聞かせいただきましたので、富山中央署、大田会長と打ち合わせながら、早急に第2回事業主向け、第1回ドライバー向け講習会を開催いたします。
当共済は今後も富山県警察、協議会と連携して、県内の飲酒運転根絶啓発活動、利用促進、事故防止に取り組んで参ります。
飲酒運転根絶を願う全国こども書道コンクール作品
今回ご協力いただきました富山県警察本部、富山中央署、大田会長、ならびに協議会の皆様に、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。
ジェイ・ディ共済協同組合
〒939-8072
富山県富山市堀川町278
TEL.076-421-2221(大代表)
FAX.076-425-9561
TOPへ戻る