本文へ移動

新着情報

(公社)全国運転代行協会栃木県支部が「ストロベリー・カクテルカーニバル2019」に参加
2019-05-14
カテゴリ:活動報告
5月12日(日)、公益社団法人全国運転代行協会栃木県支部は、栃木県自動車運転代行サービス業協同組合と連携し、今年も宇都宮市が推進する町おこしイベント「ストロベリー・カクテルカーニバル2019」に参加しました。会場内は、苺好きな方々やカクテル好きな方々で大いに盛り上がりました。
「飲酒運転根絶」を車体いっぱいに表現した随伴車
JD共済は飲酒運転根絶グッズの提供と、SDD全国こども書道コンクールのグランドパフォーマンス作品を貸し出しました。会場内で書道作品を展示していただき、栃木県支部の皆様が「社会から飲酒運転がなくなってほしい」という子ども達のメッセージとともに、「飲酒運転根絶」「交通ルールを守って安全運転」を様々な形でアピールされました。
中でも目を引いたのは、コンクールのグランドパフォーマンス作品と、隣に並んだ「飲酒運転根絶」を車体いっぱいに表現した運転代行の随伴車です。宇都宮市マスコットキャラクター「ミヤリーちゃん」にも協力していただき、この大きな作品パネルと随伴車は、ひときわ大きな存在感を放っていました。飲酒運転根絶に対する子どもたちの願いと、その受け皿である運転代行の随伴車の相乗効果で、運転代行の利用がたくさんあり、今回の貢献度も絶大だったようです。
また、会場を訪れた福田富一栃木県知事は「お酒をふるまうイベントには本当にかかせない代行業者の皆様です。大変な業務の中ご苦労様です。」「これからも県民の為にもがんばって下さい。」と運転代行業界にエールを送られました。さらに、「こんなに美味しいカクテルを飲んだ後は、運転代行を利用しましょう!」と、飲酒運転根絶の受け皿である運転代行の利用を後押しされ、会場全体が「飲酒運転根絶」と「交通安全」の雰囲気に包まれた、最後まで気持ちの良いイベントとなったようです。
最後に、主催の宇都宮カクテル倶楽部様、共催の宇都宮観光コンベンション協会様及び、協力のオリオンスクエア様、他の多くの関係団体様、素晴らしいイベントを開催してくださったことに感謝申し上げます。また、飲酒運転根絶を願う子どもたちの、想いのこもった書道作品を活用し、この様な活動を通じて飲酒運転根絶・飲酒事故の撲滅をめざす(公社)全国運転代行協会の栃木県支部の皆様、ありがとうございました。
これからもJD共済は、全国に「飲酒運転させない環境」をさらに拡げるために、子どもたちの力強く尊いメッセージを、様々な機会を通じて、伝えて参ります。
乾杯をする福田富一栃木県知事 と 宇都宮カクテル倶楽部上杉晴教代表
ジェイ・ディ共済協同組合
〒939-8072
富山県富山市堀川町278
TEL.076-421-2221(大代表)
FAX.076-425-9561
TOPへ戻る